近衛 篤麿(読み)コノエ アツマロ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

近衛 篤麿
コノエ アツマロ


肩書
貴院議長,枢密顧問官

別名
号=霞山

生年月日
文久3年6月26日(1863年)

出身地
京都・上京区

学歴
大学予備門〔明治12年〕入学 ライプツィヒ大学〔明治23年〕卒

経歴
公家近衛忠房と島津久光の娘光子の長男として生まれる。明治6年父の死により家督相続。17年華族令制定で公爵。18年よりオーストリア、ドイツに留学。23年帰国後貴院議員となり、三曜会、懇話会、月曜会を率いて指導者として活躍。24年の大津事件、25年の選挙干渉事件で松方内閣を糾弾、また27年伊藤内閣でも日英条約改正手続き問題を批判。28年学習院長となり華族教育の改革を唱えた。29年貴院議長、36年枢密顧問官。大陸問題に関心深く、日清戦争後、「日清同盟論」を公刊、東亜の大同団結を呼びかけた。31年同文会を組織、上海に同文学堂(後の東亜同文書院)を置き、東亜同文会会長。33年同会を国民同盟会に改組、満州問題解決を主張。36年対露同志会を結成、対露強硬外交を唱えた。文麿、秀麿の父。著書に「近衛篤麿日記」(全5巻、別巻1)がある。

没年月日
明治37年1月2日

家族
父=近衛 忠房(公家) 母=近衛 光子(島津久光の娘) 妻(後妻)=近衛 貞子 息子=近衛 文麿(首相) 近衛 秀麿(指揮者) 近衛 直麿(雅楽研究家)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

近衛 篤麿 (このえ あつまろ)

生年月日:1863年6月26日
明治時代の政治家。貴族院議員;公爵
1904年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android