コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返る・反る かえる

大辞林 第三版の解説

かえる【返る・反る】

( 動五[四] )
物が本来の持ち主に戻る。 《返》 「貸した金が-・る」 「財布が落とし主に-・る」
もとの状態に戻る。 《返》 「童心に-・る」 「正気に-・る」 「我に-・る」
向きが逆になる。 《返・反》
物にぶつかったりして逆の方向に向かって動く。 「こだまが-・る」 「答えが即座に-・ってくる」
裏と表、上と下などが入れかわる。 「葉が裏に-・る」
(動詞の連用形の下に付いて)すっかりその状態になる。全く…する。 「しょげ-・る」 「あきれ-・る」 「静まり-・る」 「煮えくり-・る」
年が改まる。 《返》 「年が-・る」 「年-・りて三月十余日になるまで/更級」
色が変わる。変色する。 「薄色の、裏いと濃くて上は少し-・りたる/枕草子 36
何度も同じことをする。盛んに…する。 「我が衣手に秋風の吹き-・らば/万葉集 2092」 〔「かえす」に対する自動詞〕
[可能] かえれる
[表記] かえる(返・反・帰・孵
「返る」は“物がもとに戻る。もとの状態に戻る”の意。「貸した本が返る」「童心に返る」「我に返る」「あきれ返る」  「反る」は“向きが逆になる”の意。「返る」とも書く。「葉が裏に反る」「軍配が反る」  「帰る」は“もとの所にもどる”の意。「還る」とも書く。「家に帰る」「故国に帰る」  「孵る」は“卵がひなになる”の意。「卵が孵った」「ひなが孵る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android