迫水 久常(読み)サコミズ ヒサツネ

20世紀日本人名事典の解説

迫水 久常
サコミズ ヒサツネ

昭和期の政治家,大蔵官僚 参院議員(自民党);衆院議員;郵政相。



生年
明治35(1902)年8月5日

没年
昭和52(1977)年7月25日

出生地
鹿児島県鹿児島市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部英法科〔大正15年〕卒

経歴
大正15年大蔵省に入り、昭和5年甲府税務署長、9年岳父岡田啓介首相の秘書官となる。2.26事件当時、首相救出に活躍。その後12年理財局企画課長、のち総務局長、19年銀行保険局長を経て、20年鈴木終戦内閣の書記官長となり、終戦工作の舞台裏で奔走した。戦後22年公職追放、26年解除。昭電疑獄事件に連座し起訴されるが無罪判決。27年衆院議員となり2期、31年から参院議員を4期務める。その間池田内閣の経済企画庁長官、郵政相を歴任した。著書に「機関銃下の首相官邸」「大日本帝国最後の四カ月」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

迫水 久常
サコミズ ヒサツネ


肩書
参院議員(自民党),衆院議員,郵政相

生年月日
明治35年8月5日

出生地
鹿児島県鹿児島市

学歴
東京帝国大学法学部英法科〔大正15年〕卒

経歴
大正15年大蔵省に入り、昭和5年甲府税務署長、9年岳父岡田啓介首相の秘書官となる。2.26事件当時、首相救出に活躍。その後12年理財局企画課長、のち総務局長、19年銀行保険局長を経て、20年鈴木終戦内閣の書記官長となり、終戦工作の舞台裏で奔走した。戦後22年公職追放、26年解除。昭電疑獄事件に連座し起訴されるが無罪判決。27年衆院議員となり2期、31年から参院議員を4期務める。その間池田内閣の経済企画庁長官、郵政相を歴任した。著書に「機関銃下の首相官邸」「大日本帝国最後の四カ月」など。

没年月日
昭和52年7月25日

家族
妻=迫水 万亀(日本生活文化交流協会会長) 長男=迫水 久正(社会福祉・医療事業団理事)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

迫水 久常 (さこみず ひさつね)

生年月日:1902年8月5日
昭和時代の政治家;大蔵官僚。参議院議員;衆議院議員;郵政大臣
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android