コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追い落とし・追い落し おいおとし

大辞林 第三版の解説

おいおとし【追い落とし・追い落し】

追い落とすこと。 「主流派の-を謀る」
おいはぎ。 「ほんの出来合の-だと見えて、喧嘩じかけの荒稼ぎさ/人情本・英対暖語」
囲碁で、当たりをかけられた石をついでも、次もまた当たりとなり、結局その一群の石がとられてしまう状態。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

追い落とし・追い落しの関連キーワード出来合人情本

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android