コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追尾レーダ ついびレーダtracking radar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

追尾レーダ
ついびレーダ
tracking radar

空間上の目標位置を精密に知るために目標に対してレーダ電波を照射するレーダ。目標の位置情報は,方位角・高低角・距離・速度などのデータとして表示したり,コンピュータに入力して,対象となる目標の現在位置の測定,あるいは未来位置を予測するために用いられる。このため追尾レーダは,鋭いアンテナビームを連続的に目標に向けて角度を測定するとともに,距離ゲートを目標からの反射信号に合致させて,距離を測定する。また,角度・距離それぞれについて目標の真値との差を検出し,サーボ系により,この誤差信号が常に零に近づくように目標を追尾する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

追尾レーダの関連キーワード射撃統制装置MTR

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android