コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逃げ水・逃水 にげみず

大辞林 第三版の解説

にげみず【逃げ水・逃水】

夏、地面が熱せられ、草原や舗装道路の表面が水でぬれたように見える気象光学現象。近づくとそれが遠方に逃げて行ってしまうように見えるためこう呼ぶ。古く、歌などで武蔵野の名物とされた。地鏡じかがみ
川の水が次第に地下にしみて川が消えてしまうこと。 「 -をおつつまくつつ家を建て/柳多留 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

逃げ水・逃水の関連キーワード柳多留

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android