逆ピンチ効果(英語表記)anti-pinch effect

法則の辞典の解説

逆ピンチ効果【anti-pinch effect】

同心円筒型の電極を用いて放電を行わせると,生成するプラズマ外向きローレンツ力を受けて外壁に近いほうへ押しやられる.これは通常の磁気ピンチ効果*とは逆のようにみえるが,両方を組み合わせることによって,円筒の中間部にプラズマを局在させることが可能となる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android