コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆指値(Stop Order)

1件 の用語解説(逆指値(Stop Order)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

逆指値(Stop Order)

売買取引注文をするときに、その時点よりも悪い値段になった時に成立させることを目的に、売買値段を指定すること。その時のレートよりも高い値段になった時に買う、その時のレートよりも安い値段になった時に売る。これは相場の勢いに乗って売買する戦術や、「ストップ・ロス」などのようにある金額以上の損失にならないような仕切注文の際に使われる。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆指値(Stop Order)の関連キーワード違約処分現物取引比例配分指値成行き注文呑み行為成行注文指値(Limit Order)オー・シー・オー成行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone