コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

途上国の債務対策 とじょうこくのさいむたいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

途上国の債務対策
とじょうこくのさいむたいさく

1980年代に途上国が直面した累積債務危機に対してはさまざまな方策がとられてきたが,その多くは世界銀行・IMFなど先進国主導の機関によるもので,途上国の経済社会に多大の犠牲を強いるものであった。それに対して債務国である途上国側からの方策としては,リオクラブなどに代表される債務国会議の形成やキャッピング (債務返済額を輸出収入の一定率に抑えようとする方法) などがあった。しかし,こうした政策は先進国や特に IMFと対立することが多く,また民間銀行団からの借入れも IMFの貸出適格が必要条件とされたため,結局は先進国のペースにならざるをえなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

途上国の債務対策の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽工業薬品工業高齢者事業団

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android