コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

途絶える・跡絶える とだえる

大辞林 第三版の解説

とだえる【途絶える・跡絶える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 とだ・ゆ
それまで続いてきた物事が、中途で切れて、あとが続かなくなる。古くは、主に人の往来について言った。 「連絡が-・える」 「久しく-・え給はむは心ぼそからむ/源氏 総角

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

途絶える・跡絶えるの関連キーワード総角往来