逗子 八郎(読み)ズシ ハチロウ

20世紀日本人名事典の解説

逗子 八郎
ズシ ハチロウ

昭和期の歌人 元・後楽園スタヂアム取締役。



生年
明治36(1903)年2月23日

没年
平成3(1991)年7月7日

出生地
東京

本名
井上 司朗(イノウエ シロウ)

学歴〔年〕
東京帝国大学政治学科〔昭和3年〕卒

経歴
安田銀行から昭和14年内閣情報部に移って情報局第五部第三課長となり、19年大蔵省監督官に転じる。のち後楽園スタヂアム取締役。この間、7年「短歌と方法」を発行し、新短歌運動を積極的に推進する。12年の新短歌クラブ結成にあたっては委員長となる。歌集に「雲烟」「八十氏川」、歌論集「主知的短歌論」のほか、「証言・戦時文壇史」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android