コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

這う・延う はう

1件 の用語解説(這う・延うの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はう【這う・延う】

( 動五[四] )
両手両膝を地面などにつけて進む。また、腹ばいになって進む。 「赤ん坊が-・うようになった」 「地面を-・って進む」
動物が、地面に胴体を擦るようにして進む。 「蛇が-・う」 「鰐わにが-・う」
植物のつるや根などが、地面や壁面に沿って延びる。 「太い木の根が-・っている」 「壁につたが-・う」
腹ばいになる。 「はたかれて土俵に-・う」
さすらう。 「異見が耳に入らずは、-・ひたき方へ-・はしませ/仮名草子・浮世物語」
他の動詞の上に付いて、そっと…するの意を表す。 「 - ・ひ紛れ立ち寄り給はんも/源氏 帚木
[可能] はえる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone