コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通天閣の歩み

1件 の用語解説(通天閣の歩みの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

通天閣の歩み

初代は1912(明治45)年、内国勧業博覧会の会場跡地にできた歓楽街「新世界」の象徴として造られた。高さ64メートルは当時東洋一といわれた。戦時中の43年、火事で焼け、鉄材は大阪府に「献納」された。戦後、地元商店主らが出資し、56年に約3億5千万円で再建された。入場者数は開業翌年度155万人超を記録したが、75年度には20万人を割った。ここ数年は70万人前後で推移している。

(2006-10-27 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

通天閣の歩みの関連キーワード光の科学史バーブ明治天皇大正バルカン戦争数奇伝金栗四三タイタニック号南極ケズウィック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone