通応宗徹

美術人名辞典の解説

通応宗徹

江戸後期の臨済宗の僧。尾張清洲生。通応は道号、宗徹は諱、別号に対揚老人。12歳で桑名大蔵寺の褒山に就いて出家。尾張乾山野顧鑑古范に参じて印可を受ける。下野東光寺に住す。嘉永7年(1854)寂、54才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android