コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

速度違反自動取り締まり装置

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

速度違反自動取り締まり装置

高速道路や一般道に設置され、設定速度を超えた車が通過すると自動的にナンバープレートや運転者の顔を撮影する。フィルムで撮影して回収する旧来方式から、最近ではデジタルカメラで撮影して画像データを回線で送信する電送式になっている。警察庁によると、全国各地に計666台(2009年時点)が設置されているが、新旧割合は公表されていない。

(2011-06-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

速度違反自動取り締まり装置の関連情報