コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造作買取り請求権

1件 の用語解説(造作買取り請求権の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

造作買取り請求権

借家人が、賃貸人の同意を得て建物に付加した造作を、借家契約終了の際に、時価で賃貸人に買い取ることを請求する権利。造作とは、畳、ガラス戸、水道、設備等、賃貸人の所有に属しかつ建物の使用に客観的に便益を与えるものをいう。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造作買取り請求権の関連キーワード借家法付加刑会計検査官借家人修繕義務賃貸権賃貸人転貸借建物譲渡特約付借地権付加税

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone