コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造船業の2014年問題

1件 の用語解説(造船業の2014年問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

造船業の2014年問題

00年代に中国が造船所を各地で建設し、01年には3100万総トンだった世界の生産力が、11年には3倍以上に増加。海上輸送の能力は世界で約2倍に増えたが、荷物の量は1.5倍しか増えず、リーマン・ショック後に船の受注が激減。14年には世界で船の新造がなくなるとされている。

(2013-05-02 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造船業の2014年問題の関連キーワード造船所長崎造船所中手造船所グダニスク造船所ユニバーサル造船名村造船所ウェルニー緒明菊三郎林徳助《造船所》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone