コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連ね・列ね つらね

大辞林 第三版の解説

つらね【連ね・列ね】

〔動詞「連ねる」の連用形から〕
中世芸能の猿楽や延年舞で、長い言葉や歌を連ねて吟唱する芸能。
歌舞伎で、主として荒事の主役が、物の趣意・由来・効能などを朗々と面白く述べる長ぜりふ。「暫しばらく」のものが代表的。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報