コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連句・聯句 れんく

大辞林 第三版の解説

れんく【連句・聯句】

俳諧体の連歌、すなわち俳諧のこと。俳諧の発句(第一句目の長句)が独立して俳句と呼ばれるようになった明治以降、特に連歌や俳句と区別してこの呼称を用いる。原則として複数で五七五の長句と七七の短句とを交互に付け連ねるもの。歌仙(三六句)・世吉よよし(四四句)・百韻(一〇〇句)などの形式がある。
中国の古詩の一体。何人かの人が一、二句ずつ作り、集めてつないで一編の詩とするもの。起源は、漢の武帝の柏梁台詩はくりようだいしを初めとするなど諸説ある。聯詩。
に日本の連歌が結びついたもの。漢詩の一句(普通五言または七言)に連歌の一句(五・七・五または七・七)を交互に付け連ねる形式をとる。室町時代に盛行。発句(第一句目)が和句に始まるものを和漢連句、漢句のものを漢和かんな連句という。
律詩の中の対句。聯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

連句・聯句の関連キーワード発句連歌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android