コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連結実質赤字比率

1件 の用語解説(連結実質赤字比率の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

連結実質赤字比率

自治体が自由に使える収入の標準額に対する、公営事業を含む全会計の赤字額の合計の割合。公営事業会計が苦しくなり、健全化のために一般会計から繰り入れをすると、最終的には一般会計を圧迫することになる。自治体財政の「全体像」をとらえるのがこの指標の目的だ。黄信号の基準は自治体の財政規模に応じて16.25~20%。

(2009-10-07 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連結実質赤字比率の関連キーワード余暇自治体フリータイム還元利回り限界自治体実質公債費比率実質公債費比率と経常収支比率保育料実質赤字比率図書購入費の予算措置率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連結実質赤字比率の関連情報