コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連邦準備制度理事会(FRB)

1件 の用語解説(連邦準備制度理事会(FRB)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

連邦準備制度理事会(FRB)

1913年に設立された米国の中央銀行ワシントンの本部と、ニューヨークシカゴサンフランシスコなど計12の地区連銀で構成される。金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は、議長を含む理事7人と5人の地区連銀総裁がメンバーFRB理事は大統領が指名し、上院の承認を経て就任する。任期は14年。原則1期だが、任期途中で辞めた理事の後任は、残り任期を務めた後に再任が可能。87年8月に就任したグリーンスパン議長は、92年2月1日に理事に再任され、今年1月末で任期が切れる。

(2006-01-25 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連邦準備制度理事会(FRB)の関連キーワードゴスバンク中央銀行COMSATBIS(Bank for International Settlements)イングランド銀行(Bank Of England)バーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)欧州中央銀行(European Parliament)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)委託介入満州中央銀行

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone