逸見 広(読み)ヘンミ ヒロシ

20世紀日本人名事典の解説

逸見 広
ヘンミ ヒロシ

昭和期の小説家



生年
明治32(1899)年1月19日

没年
昭和46(1971)年11月23日

出生地
山形県河北町

学歴〔年〕
早稲田大学独文科〔大正15年〕卒

経歴
早稲田高等学院講師となり、そのかたわら文学活動に専念する。昭和10年発表の「悪童」は芥川賞候補作品となり、他に「死児を焼く二人」「風鈴を争ふ」「委ぬる者」「村の倫理」などの作品がある。戦後は新制早稲田高等学院教頭、早大教育学部教授を歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android