コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遂翁元盧 すいおう げんろ

美術人名辞典の解説

遂翁元盧

江戸後期の臨済宗の僧。駿河松蔭寺二世。下野生。初名は慧牧、遂翁は字。30才を過ぎて白隠禅師に謁し、師事する。同門東嶺円慈と共に鵠林門下の二神足と賛えられる。東嶺円慈の勧めにより松蔭寺を継ぐ。詩酒碁画を好み、自ら酔翁と称し、のち人の勧めにより遂翁と改める。池大雅らとも交わった。寛政元年(1789)寂、73才。

遂翁元盧

江戸中・後期の臨済宗の僧。駿河松蔭寺二世。下野生。初名は慧牧、遂翁は字。30才を過ぎて白隠禅師に謁し、師事する。同門の東嶺円慈と共に鵠林門下の二神足と賛えられる。東嶺円慈の勧めにより松蔭寺を継ぐ。詩酒碁画を好み、自ら酔翁と称し、のち人の勧めにより遂翁と改める。池大雅らとも交わった。寛政元年(1789)寂、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

遂翁元盧の関連キーワード春叢紹珠弘巌玄猊白隠慧鶴

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android