コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅い・鈍い・晩い おそい

1件 の用語解説(遅い・鈍い・晩いの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

おそい【遅い・鈍い・晩い】

( 形 ) [文] ク おそ・し
物事の時期や順序があとである。基準になる時から時間がかなり経過している。 《遅》 ↔ はやい 「入社は彼の方が-・い」 「例年より開花が-・い」 「今日はもう-・いから明日にしよう」 〔時刻・時期の場合は「晩い」とも書く〕
時期がすでに過ぎていて役に立たない。間に合わない。 《遅》 「今ごろ来たってもう-・い」
物事をするのに時間がかかる。また、進む程度が小さい。のろい。 ↔ はやい 「スピードが-・い」 「仕事は-・いが丁寧だ」 「発育が-・い」
にぶい。愚かだ。 「さ様のことにも、心-・くて物し給ふ/源氏 蓬生
[派生] -さ ( 名 )
[慣用] 今や遅し

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone