コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅い・鈍い・晩い おそい

大辞林 第三版の解説

おそい【遅い・鈍い・晩い】

( 形 ) [文] ク おそ・し
物事の時期や順序があとである。基準になる時から時間がかなり経過している。 《遅》 ↔ はやい 「入社は彼の方が-・い」 「例年より開花が-・い」 「今日はもう-・いから明日にしよう」 〔時刻・時期の場合は「晩い」とも書く〕
時期がすでに過ぎていて役に立たない。間に合わない。 《遅》 「今ごろ来たってもう-・い」
物事をするのに時間がかかる。また、進む程度が小さい。のろい。 ↔ はやい 「スピードが-・い」 「仕事は-・いが丁寧だ」 「発育が-・い」
にぶい。愚かだ。 「さ様のことにも、心-・くて物し給ふ/源氏 蓬生
[派生] -さ ( 名 )
[慣用] 今や遅し

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android