遅・後(読み)おくらす

  • おくら・す
  • おくれ
  • おく・れる

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他サ五(四)〙
① 遅れるようにする。置きざりにする。あとに残す。
※古今(905‐914)離別・三六七「限りなき雲井のよそに別るとも、人を心におくらさむやは〈よみ人しらず〉」
② (生き残らせる意から) 人をあとに残して先に死ぬ。先立つ。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「この人えまぬかれ給ふまじくは、おのれをころし給へ。かた時をくらし給ふな」
③ おそくする。遅れた状態にする。遅らせる。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉八月暦「今年は水害と海嘯(つなみ)との為に、一ケ月を後(オク)らして九月の十三四五六日に大祭を行ったが」
〘名〙 (動詞「おくれる(遅)」の連用形の名詞化)
① 他のものよりあとになること。ある基準よりおそくなること。また、時勢、流行などにとり残されること。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉八「唯(たった)一月の後(オク)れも、不勉強癖のついた敬二には追付(おっつ)くのに中々骨が折れた」
② 負けること。失敗すること。また、他に劣ること。
※狂言記・双六僧(1730)「追ふつまくつつしのぎをけづり、切つつ切られつ、我はおくれとなりしかば、かなはじとおもひて」
③ 恐れて気力がなくなること。こわがること。気おくれ。
※歌舞伎・謎帯一寸徳兵衛(1811)中幕「敵を尋ぬる旅立ちは、いつする事ぞ、べんべんと、なぜこの江戸に足を留め、おくれが来たかと思し召す」
④ 気分が高まらない状態。気が乗らず、しまりのない状態。
※風姿花伝(1400‐02頃)三「座敷のきをひおくれを考へて見る事、その道に長ぜざらん人は、左右なく知るまじきなり」
⑤ 「おくれげ(後毛)」の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・長町女腹切(1712頃)道行「髪のをくれのはらはらはら、ともに乱るるわが心」
〘自ラ下一〙 おく・る 〘自ラ下二〙
① 他のものよりあとになる。ある基準よりおそくなる。
(イ) 他よりあとになってへだたりができる。
※古今(905‐914)雑下・九九八「あしたづのひとりおくれて鳴く声は雲の上まできこえつがなん〈大江千里〉」
(ロ) 人に行かれてあとに残される。先をこされる。いっしょに行かないであとにとどまる。
※万葉(8C後)一七・四〇〇八「群鳥(むらどり)の 朝立ち去(い)なば 於久礼(オクレ)たる 我(あれ)や悲しき 旅に行く 君かも恋ひむ」
(ハ) 親しい人に死なれて、自分の死ぬのがあとになる。死におくれる。先立たれる。
※源氏(1001‐14頃)須磨「命長くて思ふ人々にをくれなば、尼にもなりなむ、海の底にも入りなむ」
(ニ) ある基準の時間や時機よりおそくなる。定まった時刻に間に合わなくなる。
※万葉(8C後)一七・三九〇三「春雨にもえし柳か梅の花ともに於久礼(オクレ)ぬ常の物かも」
(ホ) 時勢や流行など物事の進行にとり残される。
※書紀(720)崇神一〇年九月(熱田本訓)「早(すみやか)に図(はか)るに非ずは、必ず後(ヲクレ)なむ」
(ヘ) あとから生えた毛髪などが他よりのび方がおそくなる。
※源氏(1001‐14頃)葵「いと長き人もひたひ髪は少し短うぞあめるを、むげにをくれたるすぢのなきや、あまりなさけなからむ」
② 才能、性質などが標準に及ばない。ふつうより劣る。また、官位の進み方が他よりおそくなる。
※大和(947‐957頃)二条家本付載「今ひとりの男は、その同じ帝の母后の御兄末(あなすゑ)にて、つかさおくれたりけり」
③ (多く助動詞「た」「たり」を伴って) 恐れて気力がなくなる。こわがる。気おくれする。
※虎寛本狂言・文山立(室町末‐近世初)「『ああ、先(まづ)待て待て』『何とおくれたか』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android