コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅延ケイ光 ちえんケイこうdelayed fluorescence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遅延ケイ光
ちえんケイこう
delayed fluorescence

発光に関係するエネルギー準位間の遷移が普通のケイ光と同じで,その寿命が非常に長いケイ光をいう。従来は発光させる原因となる光の照射を停止して,発光が消えるまでの寿命の長さで区別して,短いものをケイ光,長いものをリン光と呼んでいたが,現在では発光機構で区別することが多い。遅延ケイ光では遷移に対する選択則はケイ光と同じであるが,遷移を起す状態になるための過程が種々含まれていて,そのために光を出す時間が長くなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報