コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運賃改定

1件 の用語解説(運賃改定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

運賃改定

新規参入などの大幅な規制緩和を実施した02年の制度改正で、最初の値上げ申請から3カ月以内に、同じ営業地区からの申請数が登録台数ベースで70%を超えると、国が審査することになった。06年から、原油価格の上昇に伴う燃料高や、運転手の待遇改善を理由として、各地で値上げ申請が急増。全国で90ある営業地区のうち、これまでに33都道県52地区で値上げ申請があり、東京都や長野県、和歌山市域など9都県、13地区(公示段階を含む)で値上げが認可された。

(2007-10-20 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運賃改定の関連キーワード規制緩和新規参入の脅威新規参入者(農業)新規就農者タクシーの規制緩和新規参入の就農者新千歳線の大手VS.新規参入保育園と規制緩和タクシーの再規制農家民宿をめぐる規制緩和

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

運賃改定の関連情報