遍し・普し(読み)あまねし

大辞林 第三版の解説

あまねし【遍し・普し】

( 形ク )
すみずみまで及ばない所がない。広く行き渡っている。あばねし。 「木末こぬれ-・く色付きにけり/万葉集 1553

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報