コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遍昭・遍照 へんじょう

1件 の用語解説(遍昭・遍照の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

へんじょう【遍昭・遍照】

816~890) 平安前期の僧・歌人。六歌仙・三十六歌仙の一人。俗名、良岑宗貞よしみねのむねさだ。桓武天皇の孫。大納言安世の子。素性の父。左近衛少将・蔵人頭に進むが仁明天皇の崩御にあい出家。京都花山に元慶寺を創設。歌は軽妙洒脱。古今集以下の勅撰集に三五首入集。花山僧正。家集「遍昭集」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

遍昭・遍照の関連キーワードアショット遍昭遍昭遍昭遍昭石上寺レオ空海バーバクの乱レオ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone