遍昭・遍照(読み)へんじょう

大辞林 第三版の解説

へんじょう【遍昭・遍照】

816~890) 平安前期の僧・歌人。六歌仙・三十六歌仙の一人。俗名、良岑宗貞よしみねのむねさだ。桓武天皇の孫。大納言安世の子。素性の父。左近衛少将・蔵人頭に進むが仁明天皇の崩御にあい出家。京都花山に元慶寺を創設。歌は軽妙洒脱。古今集以下の勅撰集に三五首入集。花山僧正。家集「遍昭集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android