コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過ぎし すぎし

大辞林 第三版の解説

すぎし【過ぎし】

( 連語 )
〔動詞「過ぐ」の連用形に助動詞「き」の連体形が付いたもの〕
過ぎ去った。 「 -日の面影」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

過ぎしの関連キーワードワルター・フォン・デァ・フォーゲルワイデゴールド(Herbert Gold)眠れる森の美女(ペローの童話)ジャヴィド グセインジャック コポーキエフ・ロシアロシア年代記若山 セツ子在りし日の歌トムリンソン細越 夏村リューリクジョーダン打ち付けラスキン国士無双阿部 昭大津英敏ロシア語ボーエン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過ぎしの関連情報