コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道中差し・道中差 どうちゅうざし

大辞林 第三版の解説

どうちゅうざし【道中差し・道中差】

江戸時代、町人などが旅に出る時、携帯した護身用の刀。通常の刀よりもやや短い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道中差し・道中差の関連キーワード江戸時代護身用町人

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android