コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道交法の酒類提供罪

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

道交法の酒類提供罪

運転者に酒を提供した人に懲役罰金が科される。運転者が酒酔いの場合は懲役3年以下か50万円以下の罰金、酒気帯びの場合は懲役2年以下か罰金30万円以下。06年に元福岡市職員が起こした飲酒運転事故で幼児3人が亡くなったことなどを契機に、昨年9月施行の改正道交法に盛り込まれた。県警によると、県内では道交法改正以降(5月12日夕現在判明分)、酒類提供容疑で2件を検挙した。また、飲酒運転者への車両提供容疑で4件、飲酒運転車の同乗容疑で20件を検挙、送検している。

(2008-05-13 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android