コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道仁会と九州誠道会の抗争

1件 の用語解説(道仁会と九州誠道会の抗争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

道仁会と九州誠道会の抗争

九州誠道会は2006年、道仁会の会長人事をめぐり分裂し、結成。両組織の抗争が続いている。07年には道仁会トップが福岡市内で射殺され、その後、佐賀県武雄市の病院で入院中の一般市民の男性が、誠道会関係者と間違われ、道仁会系組幹部に射殺された。抗争はいったん下火になったが、今年3月以降、抗争が相次いでいる。これまでに一般市民1人を含む計9人が殺害された。これとは別に、誠道会系の現役幹部と同会系の元組長が飲食店でトラブルになり、けんかがエスカレートしたとみられる事件も4月になって相次いでいる。

(2011-04-07 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道仁会と九州誠道会の抗争の関連キーワードドミニコ会ベネディクト修道会道会長人世の長人道仁会道仁会の分裂名古屋市人事委員会の民間給与調査方法井口貞夫(2)諸井春畦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone