コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道具落とし・道具落し どうぐおとし

大辞林 第三版の解説

どうぐおとし【道具落とし・道具落し】

戦場で敵の槍やりを巻き落とす武具。
相手の武器を封じてしまうもの。 「義経が雷でも秀平が鬼神でも、院宣と云ふ-に出会つてはいごく物ではおりない/浄瑠璃・殩静胎内捃」
弱点。苦手。 「されば人間死ぬるといふ-、是に勝つ男達おとこだてもなし/浮世草子・置土産 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道具落とし・道具落しの関連キーワード浮世草子院宣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android