コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道庁爆破事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

道庁爆破事件

76年3月2日午前9時ごろ、道庁本庁舎1階ロビーで消火器爆弾が爆発。同日、札幌市営地下鉄のコインロッカーから、三菱重工など一連の企業爆破事件と同じ「東アジア反日武装戦線」名の犯行声明文がみつかった。「爆弾時代」とも呼ばれた当時の代表的な事件で、世情は騒然とした。道警は大森勝久死刑囚を殺人容疑などで逮捕したほか、前年7月に起きた道警爆破事件の容疑者としても逮捕した。札幌地検は、道警爆破は証拠不十分で処分保留とし、道庁爆破事件だけで起訴。大森死刑囚は捜査段階で黙秘し、公判では無罪を主張したが、94年に最高裁で死刑判決が確定した。再審請求は02年7月に出され、札幌地裁は07年3月に棄却した。

(2008-05-29 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

道庁爆破事件の関連キーワード北海道庁爆破事件

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android