コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道性(2) どうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道性(2) どうしょう

?-? 鎌倉時代の僧。
浄土真宗。親鸞(しんらん)と恵信尼の子で,4男とも5男ともいう。越後(えちご)(新潟県)頸城(くびき)郡関田(せきだ)字益方に居住した。父の命で越前(えちぜん)におもむき,長男の如覚とともに布教にあたったという。没年には弘安(こうあん)9年(1286)64歳,永仁(えいにん)5年(1297)79歳の説がある。俗名有房。号は益方(ますかた)大夫入道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道性(2)の関連キーワード鎌倉時代浄土真宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android