コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道標・道導 みちしるべ

大辞林 第三版の解説

みちしるべ【道標・道導】

道の行き先や目的地までの距離などを示して道端に立てるもの。どうひょう。
ある事の手引きとなるもの。 「極楽への-」 「会社経営の-」
ハンミョウの異名。みちおしえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

道標・道導の関連キーワードハンミョウ行き先ひょう手引き異名

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android