コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道生(1) どうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道生(1) どうしょう

?-? 鎌倉時代の連歌師。
寛元-宝治(ほうじ)(1243-49)のころ,花下(はなのもと)連歌で活躍し,地下(じげ)連歌の先達といわれる。「菟玖波(つくば)集」に16句はいっているほか,和歌が「続(しょく)拾遺和歌集」に1首ある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道生(1)の関連キーワード連歌師