コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道誉(1) どうよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道誉(1) どうよ

1179-1240 鎌倉時代の僧。
治承(じしょう)3年生まれ。藤原兼房(かねふさ)の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の尊恵(そんえ)法親王に師事して得度。正治(しょうじ)3年実慶(じっけい)から灌頂(かんじょう)をうけ,のち大阿闍梨(だいあじゃり)となる。仁治(にんじ)元年9月5日死去。62歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道誉(1)の関連キーワード叡空平盛子藤原信隆平氏政権法観寺法観寺仁治藤原秀能博多どんたく歓喜院聖天堂

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone