コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道路交通法の酒類提供

1件 の用語解説(道路交通法の酒類提供の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

道路交通法の酒類提供

運転者へ酒を提供した人に懲役3年以下または50万円以下の罰金が科される。06年8月に元福岡市職員が起こした飲酒運転事故で幼児3人が亡くなったことなどをきっかけに、昨年6月に成立した同法改正に盛り込まれた。警察庁によると、施行された昨年9月からの3カ月間で、全国で26件の違反が摘発された。

(2008-02-28 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道路交通法の酒類提供の関連キーワード死体遺棄罪飲酒運転飲酒運転と罰則飲酒運転の厳罰化飲酒運転の幇助(ほうじょ)過労運転の下命・容認自転車の交通違反の罰則の例酒気帯びと酒酔い運転道交法の酒類提供罪07年9月施行の改正道交法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone