コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道路特定財源の暫定税率

1件 の用語解説(道路特定財源の暫定税率の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

道路特定財源の暫定税率

使い道が道路整備に限定される道路特定財源のうち、ガソリン税は1リットルあたり約25円、軽油引取税は約17円などの暫定税率上乗せされている。今春、期限切れを迎えるが、政府・与党は「道路整備に不可欠」として暫定税率を継続する方針。一方、民主党は「ガソリンや軽油の値上げが国民生活を直撃している」として暫定税率廃止を掲げるが、地方自治体からは「つくりかけの道路をやめるほか、メンテナンスもできなくなる」(福岡県の麻生渡知事)などと反対する声が出ている。

(2008-01-20 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道路特定財源の暫定税率の関連キーワード自動車重量税特定財源道路特定財源自動車取得税石油ガス税道路整備事業財政特別措置法道路特定財源と暫定税率道路特定財源見直しに関する閣議決定特定財源と目的税暫定税率と道路特定財源

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone