道長取り(読み)みちながどり

大辞林 第三版の解説

みちながどり【道長取り】

和服の文様構成の一。継色紙から取り入れた技法で、いくつかの色・柄の違う模様をちぎって貼り合わせたように、曲線や折れ線で区切って置いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android