道順(1)(読み)どうじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道順(1) どうじゅん

?-1322* 鎌倉時代の僧,歌人。
真言宗。久我(こが)通光の孫。京都醍醐(だいご)寺にはいり,憲淳に師事し,三宝院にうつる。元応元年東寺二の長者となり醍醐寺座主(ざす)をかね,大僧正。2年(1320)東寺一の長者,護持僧。「新後撰和歌集」などの勅撰集に9首とられている。元亨(げんこう)元年12月28日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android