コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道順(2) どうじゅん

1件 の用語解説(道順(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道順(2) どうじゅん

?-1404 南北朝-室町時代の僧。
天台宗。比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)曼殊院(まんしゅいん)にすむ。大僧正にのぼり,応永9年(1402)に天台座主(ざす)となった。応永11年9月24日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

道順(2)の関連キーワード九条教嗣孝信長雅長懐道尊(2)徳大寺実時明渓光聞明室梵亮無言昌謹頼勝