コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道顕(1) どうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道顕(1) どうけん

?-? 高句麗(こうくり)(朝鮮)の僧。
来日の事情は不明。大和(奈良県)大安寺学僧となる。天智(てんじ)天皇元年(662)鼠が馬の尾に子を生んだことから,高句麗の滅亡を予言した。著作「日本世記」は現存しないが,逸文によると当時の日本の対外関係を記述しており,「日本書紀編修の際,原史料のひとつとなったといわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android