違格・違却(読み)いきゃく

大辞林 第三版の解説

いきゃく【違格・違却】

平安時代の罪名の一。「格」に違犯すること。
格式・規格にはずれること。いかく。 「 -する事かなはず/こんてむつすむん地」
(「違却」とも書く)思惑がはずれて、当惑すること。 「何とも-千万/浄瑠璃・薩摩歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐きゃく ヰ‥【違格・違却】

〘名〙 (「却」は「格」のあて字)
① 律令制で、現代の単行法令にあたる格(きゃく)に違犯すること。違格の罪に問われた。→違式
※三代格‐一八・貞観一〇年(868)三月一〇日「刀禰等不勘糺、科違格之罪
② 規則、法則などに違反すること。一致しないこと。また、道理からはずれること。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※四座役者目録(1646‐53)下「をろしの所、両人しらで、鼓と笛といきゃくす」
③ おもわくが違って、難儀、困惑すること。困却。当惑。
※談義本・地獄楽日記(1755)三「何をいふても御金の大分入(い)る事故、いきゃく致します」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android