コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠・彼方 おち

大辞林 第三版の解説

おち【遠・彼方】

( 代 )
遠称の指示代名詞。
多く隔たっている場所を指す。ある地点より向こうの場所をもいう。 「白雲の八重に重なる-にても思はむ人に心へだつな/古今 離別」 「知り給ふ所は川より-にいと広く/源氏 椎本
遠く隔たっている時を指す。ある時を中心として、それ以前とそれ以後と両方がある。 「ま玉つく-をしかねて思へこそ一重の衣ひとり着て寝れ/万葉集 2853」 「昨日より-をば知らず百年の/拾遺 雑賀

おと【遠・彼方】

〔「おち(遠)」の転〕
時間的また空間的に遠いこと。遠方。おち。 「大宮の-つ鰭手はたで/古事記 」 「 -つ日も昨日も今日も/万葉集 3924」 〔現代語では「 おとつい」「おととし」などの語形に残存する〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遠・彼方の関連キーワード語形遠方拾遺遠称

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android