遠地 輝武(読み)オンチ テルタケ

20世紀日本人名事典の解説

遠地 輝武
オンチ テルタケ

大正・昭和期の詩人,美術評論家



生年
明治34(1901)年4月21日

没年
昭和42(1967)年6月14日

出生地
兵庫県飾磨郡八幡村(現・姫路市)

本名
木村 重夫(キムラ シゲオ)

別名
別筆名=本地 輝武,本地 正輝

学歴〔年〕
日本美術学校卒

経歴
大正14年「DaDais」を創刊し、同年「夢と白骨との接吻」を刊行するが即日発禁となる。詩、小説、評論を「赤と黒」などに発表し、プロレタリア詩人として昭和4年「人間病患者」を刊行。9年には「石川啄木の研究」「近代日本詩の史的展望」を刊行。戦争中は美術活動をし、戦後は21年に共産党に入党し、新日本文学会に参加。戦後の詩集に「挿木と雲」「心象詩集」「癌」などがあり、評論集に「現代詩の体験」などがある。また美術評論家としても活躍し「日本近代美術史」「現代絵画の四季」などの著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

遠地 輝武 (おんち てるたけ)

生年月日:1901年4月21日
大正時代;昭和時代の詩人;美術評論家
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android