コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠心荷重 えんしんかじゅう

大辞林 第三版の解説

えんしんかじゅう【遠心荷重】

列車または自動車が曲線部分を走行する場合に生じる遠心力方向の水平荷重。この影響を弱めるために、曲線部にカント(傾斜)がつけられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遠心荷重の関連キーワード自動車カント曲線傾斜

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android