コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠心荷重 えんしんかじゅう

大辞林 第三版の解説

えんしんかじゅう【遠心荷重】

列車または自動車が曲線部分を走行する場合に生じる遠心力方向の水平荷重。この影響を弱めるために、曲線部にカント(傾斜)がつけられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遠心荷重の関連キーワード自動車カント曲線傾斜

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android