遠藤 清子(読み)エンドウ キヨコ

20世紀日本人名事典の解説

遠藤 清子
エンドウ キヨコ

明治・大正期の小説家,評論家,婦人運動家



生年
明治15(1882)年2月11日

没年
大正9(1920)年12月18日

出生地
東京府神田区猿楽町(現・東京都千代田区)

旧姓(旧名)
木村

別名
筆名=岩野 清子(イワノ キヨコ)

学歴〔年〕
東京府立第一高女中退,東京府教育伝習所卒

経歴
小学校教員、大阪日報記者などをつとめながら、治安警察法改正運動などに参加。明治42年作家・岩野泡鳴と知り合い同棲し、「青鞜」などで岩野清子の筆名で文筆活動をする。大正2年結婚。4年「愛の争闘」を刊行。6年泡鳴と離婚したのちは、洋画家の遠藤達之助と再婚。9年新婦人協会に参加、婦人参政権運動に活動。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

遠藤 清子 (えんどう きよこ)

生年月日:1882年2月1日
明治時代;大正時代の小説家;婦人運動家
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android